【Vena】〜京都の超人気イタリアン〜 早川シェフが教えるサバとポテトのパニーノ!

こんにちは!食通スタッフです。
今回は、本日アプリで公開されたレシピをご紹介します。
Web版ではまだ公開していないので、見たい方は是非アプリをインストールしてみて下さい!
アプリでしか公開していない動画などもありますので、それぞれ違った楽しみ方が出来ると思います。

それでは紹介していきます。

サバとポテトのパニーノ

パニーノとはイタリアでいうところのサンドイッチです。
つまり、サバとポテサラのサンドイッチというイメージです笑
そう言われると、なんだか簡単な気がしてきませんか?
実際料理下手な私でも美味しく作ることが出来ましたので、みなさんなら大丈夫です!

まずはポテトサラダを作ります。

ポテトサラダ

レシピ動画ではポテトサラダの作り方もかなり詳しく解説しています。
ポテトサラダ単品だけでも見てみたいですよね。
ジャガイモの蒸し方や卵の湯で時間など、早川シェフならではの作り方を直接学ぶことが出来ます。

その他にも学べるポイントがたくさんあるので必見です。
続いてサバを酢〆していきます。

〆鯖

こちらも単品でもタメになる内容になっています。
分量と時間がキモですので、動画でぜひ確認してみて下さい。

そしてこれらをサンドすれば完成です!

酸味の効いた〆サバとマヨネーズの風味が香るポテトサラダが超合います。
難易度もそこまで高くなく、ササッと作れるので忙しい方にもおすすめです。
お弁当や間食にももってこいですね。明日の昼食はこれで決まり!

Venaのご紹介

今回レシピ提供をしてくださったVenaさんをご紹介します。

Venaとは
京都の中心地から少し離れた住宅街の一角に、2016年12月にオープンしたイタリアン『Vena(ヴェーナ)』。京都で生まれ育ったシェフ・早川大樹氏とソムリエ・池本洋司氏が、厳選した旬の食材とイタリアワインをコンセプトに、立ち上げた店である。店名の『Vena』は水脈を意味し、2人とも名前に水に関する漢字が入っていること、水の都である京都にあることなど様々な意味を込めて命名した。昼、夜とも1種類のコースのみに絞り込んでおり、完全予約制。日本の四季を大切にし、季節折々の食材を使用している。シェフの素材を堪能していただきたいとの想いが一皿ずつに込められている。またワインとの相性を考え、メリハリのある味付けをしている。一方ワインは、60年代のオールドヴィンテージから幅広く用意している。それぞれ美味しさのピークがあるため、一番いい状態で提供出来るように1000本以上備蓄している。新進気鋭、京都発のイタリアン。古き良きものを取り入れた店舗の空気感とともに、ぜひお楽しみいただきたい。

早川シェフ

早川大樹シェフ
幼少期からモノづくりに興味を抱き、中でも自身がお客様との距離が近いと感じた料理人になることを志す。20歳から14年間イタリアンの名店「IL GHIOTTONE」で修業を積む。退職後2016年にワインソムリエである池本氏とともに「Vena」を開業。培った経験と知識、鋭い感性で訪れた人を魅了するシェフ。

サバとポテトのパニーノのレシピはアプリで見れます!

食通公式アプリ

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。