【はらまさ】〜四谷三丁目の超人気和食料理店〜 原大将が教える「痛風そうめん」

こんにちは。食通スタッフです。
今日ご紹介するレシピは「痛風そうめん」です。

名前からはどんな料理か全く想像できないですが、
その名の通り痛風要素満載のそうめんとなっています!

・たまにはハメを外して美味しいものを食べたい
・いつものそうめんには飽きた


こんな方ににぴったりな料理となっています。
しかも調理手順は簡単でめっちゃ美味いです!

それでは早速作り方を見ていきましょう。

痛風そうめんの調理手順


痛風そうめん 完了

>>「痛風そうめんの詳しい調理手順はこちら


痛風そうめん 調理

まずは準備からです。
そうめんとウニ、いくら、キャビアなどを準備していきます。
すごく豪勢ですね。これだけでもう美味そうです。

痛風そうめん 調理

そうめんを茹で、冷水で洗っていきます。
この時、そうめんに付いてる小麦粉の香りを落とすため、よく洗うことがポイントです。

痛風そうめん 調理

茹で上がったそうめんと豆乳、出汁を混ぜ合わせていきます。
そうめんに調味料をしっかりと絡ませるように混ぜましょう。

痛風そうめん 調理

最後に盛り付けです。
イクラ、ウニ、キャビアをキレイに盛り付けていきます。
香りが良く、見た目が華やかなため花穂じそも忘れずに。

痛風そうめん 完成

完成です!

丁寧に盛り付けると、超インスタ映えします。
それだけでなく、素材の味と出汁や豆乳が絡み合ってまろやかで優しい味わいに仕上がります。
これが食卓に出てきたら興奮します!

この夏に1回、いや3回は食べたいですね。
ウニやいくらを買ってきて、是非チャレンジしてみて下さい。

はらまさのご紹介


今回レシピ提供をしてくださった「はらまさ」さんのご紹介をします。

はらまさとは
出汁にこだわり、オリジナリティあふれるパワフルな料理で、何度来ても飽きさせない魅力を放つ。味も見た目も華やかな料理の数々のなかでも、「トリュフご飯」は至極の逸品とはらまさの名物。伝統と想像力溢れた料理の融和を提供している。

原シェフ


原正太郎シェフ
地元の老舗料理旅館を皮切りに、大阪の星付き日本料理店『日本料理 かが万』や東京の日本料理店で板前修業を重ね、2013年に「はらまさ」を開店。楽しめる和食を信念に訪れた人を魅了するシェフ。

食べログ 4.20点 (8/2現在)

関連ランキング:懐石・会席料理 | 四谷三丁目駅新宿御苑前駅曙橋駅

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。