和食

【TATEOKA TAKESHI】フレンチシェフが教える!豚肩ロースのステーキ 生姜焼き風

調理時間
30分
費用目安
300円

【TATEOKA TAKESHI】館岡シェフ直伝!豚肩ロースのステーキ 生姜焼き風!

館岡シェフ
豚肩ロースのステーキ 生姜焼き風
フレンチシェフが教える生姜焼き風豚肩ロースのステーキです!和と洋の融合が織りなす絶妙な味わいをお楽しみいただけます!

調理器具

用意するもの
個数
1個
包丁
1個
フライパン
1個
1個
裏漉し器
1個
木べら
1個

材料

材料
分量
玉ねぎ
180g
豚肩ロース(8㎜スライス)
200g
椎茸
40g
生姜
40g
マスタード
20g
30ml
醤油
40ml
みりん
50ml
はちみつ
20g
じゃがいも(メークイン)
160g
生クリーム(動物性47%)
20ml
牛乳
10ml
無塩バター
10g
イタリアンパセリ
適量
30ml
醤油
40ml
みりん
50ml
はちみつ
20g
じゃがいも(メークイン)
160g
生クリーム(動物性47%)
20ml
牛乳
10ml
無塩バター
10g
イタリアンパセリ
適量

豚肩ロースの生姜焼き 準備

下準備

1

玉ねぎを繊維に沿って3㎜幅にスライスする

2

椎茸のヘタを取り除き、3㎜幅にスライスする

3

生姜の皮をむき、薄くスライスする

4

平らに並べて千切りにする

5

豚肉の脂の部分に筋があるため切る
※筋を切ることで均一に火がはいる

ピューレ作り

1

よく洗ったじゃがいもを鍋にいれ、浸るまで水を加える

2

塩をひとつまみ加える

3

強火にかけ沸騰したら、軽く沸く程度の火加減にし30分茹でる

4

串が抵抗がなく刺さり、じゃがいもが下に落ちるまでが目安

5

じゃがいもの皮を剥く
※冷めてから皮を剥く粘り気がでるため注意

6

裏漉し器で漉す
※・裏漉し器がない場合、マッシャーなどでも代用可能・細かい目で裏漉しすることで、食感がなめらかになる

7

鍋に牛乳・生クリームをいれ、沸騰寸前まで中火にかける

8

じゃがいもに鍋の中身を少しずつ加える
※牛乳・生クリームは温めることで、ダマになりにくい

9

弱火から中火で加熱していき、ヘラで混ぜる

10

全体が混ざったら、一度火を止める

11

バターを加え練りこむように混ぜる

12

火加減は中火にする
※最後にバターを加えることで、コクと風味がでる

13

塩を加える

豚肉を焼く

1

豚肉の片面に塩・胡椒をふる

2

温めたフライパンに豚肉の塩胡椒していない面を下にいれる
※豚肉から脂がでるため、油はしかなくてよい

3

強火で炒める

4

豚肉の脂の部分を押し、脂をだす

5

上面から水分がでてきたら取り出す
※ソースと絡めるときに残りの火入れをするため、片面のみ焼く

6

一度お肉を引き上げる

7

片面は焼き色がついている状態にする

8

余分な油を捨て、玉ねぎを加え中火で炒める

9

生姜を加える

10

しいたけを加える

11

玉ねぎがしんなりしたら合わせ調味料を加える

12

マスタードを加え溶かす

13

豚肉の火入れしていない面を下にし加える

14

全体を絡めるように混ぜる
※片面はこんがりと焼き色をつけ、もう片面は蒸し焼きのようする

15

豚肉に火が入ったら取り出す

16

バターを加え絡ませる

17

バターが溶けたら完成

豚肩ロースの生姜焼き 焼き

盛り付け

1

お皿にピューレを盛り、豚肉をのせソースをかける

2

温めたソースをかける

3

刻んだパセリを振りかける

豚肩ロースの生姜焼き 完成

コメント

この記事へのコメントはありません。